城下町・温泉街の食文化を支える新規就農者を募集

ツアー概要

「関西の奥座敷」と呼ばれる石川県加賀市では、温泉街と城下町を中心に、多くの旅館や料理店が営まれてきた歴史があります。その豊かな食文化を根底から支えてきた第一次産業は、今、後継者不足という課題に直面しています。

たとえば加賀では米、トマト、ブロッコリー、ブドウ、ナシといった農作物が名産ですが、後継者不足による生産規模の縮小や、ベテランの栽培技術が途絶えることが懸念されます。

農家が長年に渡り培ってきた栽培技術や販路などを新規就農者に受け継ぐためにも、この移住ツアーでは、農家と移住希望者の接点を作ることが狙いです。

 

ツアーの特徴

新規就農において「初期費用を抑える方法」「就農先を見つけるまでのステップ」等を移住コーディネーターがアドバイスします。

様々な農園を見学し、新規就農者が気になる「各農園の特徴」「栽培のスケジュール」「収入」を知り、就農プランの参考とします。

 

ツアー詳細

開催日
ご希望の日程をお知らせください。日帰りや1泊2日以上の滞在などのご要望も承ります。

申込締め切り
開催日の1週間前

参加費
無料(現地までの交通費、食費は参加者負担)

定員
約4名

集合場所
加賀かりぐらしの家(石川県加賀市大聖寺神明町46)

滞在先
移住者向け滞在施設「かりぐらしの家」「暮らし体験の家」に無料で滞在できます。

施設詳細

申込方法
加賀市定住促進協議会事務局 0761-71-0099までお電話いただくか
お問い合わせフォームに農業移住ツアーへのご参加の旨を記入し、「参加人数」「希望日」をお知らせ下さい。

お問い合わせ

農家インタビュー

有限会社 吉田農産
年跨いで香る新米の風味

記事を読む

久保田トマト園
脱サラ新規就農者のトマト栽培。

記事を読む