事業所インタビュー 加賀市定住促進協議会

TOP > 仕事 > 求人ピックアップ

お花見 久兵衛 <温泉旅館業>

旅館業の地位向上を志す温泉旅館。
 若手経営者が「日本一働きたい旅館」をめざして改革中。


代表取締役
 吉本 龍平さん

「山中温泉で一番働きたい旅館になる」と宣言する吉本社長。スタッフの休暇充実も図り、2018年からは4日間連続して休暇を取れる新制度を立ち上げた。異業種や海外からの求職者も積極的に受け入れ、スタッフからの提案に耳を傾け、顧客満足度と従業員満足度の高さを両立させる職場づくりを目指している。
 (インタビュー/2018年2月)

募集人材:


宿泊サービス部門
若干名


料飲サービス部門
若干名


施設部門
若干名

お花見のような楽しい時間を過ごせる旅館

 温泉旅館は「日本文化の集合体」です。旅館という空間は、日本人のアイデンティティを感じ、日本人であることの良さを味わえる場所になり得ます。当館では、お花見 久兵衛という旅館名にちなみ、まずお客様がエントランスに一歩足を踏み入れると、桜吹雪を上から散らし、舞い降りてくる花びらに包まれるという日本的な風情を楽しんでいただけるようにしています。そしてウェルカムサービスではお団子を振る舞います。そういう遊び心を、随所において大切にしています。
 お花見久兵衛には、若いお客様も沢山お越しになします。そこで、たとえばカップルの方には露天風呂を満喫してもらい、お部屋で郷土料理をゆっくり味わう過ごし方をご提案することもあります。また、季節問わずお子様連れもいらっしゃいますので、ご家族水入らずの時間をより思い出深く過ごしてもらうために卓球やジェンガなどもご準備しています。
様々な旅館らしさ、日本文化を集積させることで、「楽しい時間を提供する」旅館づくりを目指しています。

スタッフには異業種経験者を歓迎

 スタッフの年齢構成の現状としては、30代40代が少ない状態です。20代が5~6人いますが、若い人にはもっと沢山来て欲しいです。うちのスタッフには素直な方が多く、我の強い人は少ないので、落ち着いて働けるのではないかと思います。お客様の満足度のためには売上を求める部分もゼロではありませんが、それを強く打ち出して、スタッフに過度なプレッシャーを与えることはしません。
 また異業種経験者も歓迎しています。機械やITで経験を積んだ詳しい人が地方に来ると、貢献できることは多々あります。伝統が残っている産業ほど改善の余地は多いでしょう。僕は「伝統にこだわり過ぎない経営」を心掛けています。最近では初めてドローン撮影に取り組みました。この旅館は、渓谷沿いに立地しており、建物としては地上3階、地下3階の計6階建て、訪れた時の陸地側から普通に見た時と、逆に川沿いから見た時とでは、建物の高さの印象も随分違う特徴的な造りになっています。周辺の景観の素晴らしさをどうしたら伝えられるかと考え、ドローンを飛ばして撮影しました。
 今後は「新しくこんなことをしてみたい」という移住者がいれば、その提案を後押ししていきたいですね。お花見久兵衛は、新しいことに真っ先に挑む会社でありたいと考えています。

海外からの移住スタッフも受け入れる

 スタッフ採用にあたっては国籍も問いません。海外からのインターンシップも積極的に受け入れています。昨年はポーランドと中国の方が来て、もう就職が決まっています。秋から働き始めます。

オリジナル研修として、旅行を奨励

 お花見久兵衛の理念は「人の成長、第一主義」です。僕もまだ37歳ですし、社員と一緒に成長する姿勢で仕事と向き合っています。自他の成長に関心がある人財には、ぜひ来てもらいたいです。
 旅館業は、繋がる商売です。人との深い関わりを持ちたい方にとっては魅力的な仕事場になるはず。そこで、お客様との信頼関係を築く方法をスタッフに学んでもらう研修会を開いています。僕が自ら講師となることもあります。ただ僕は人材派遣の業界で働いていたため、接客サービスについては語れません。その分、コミュニケーション術や心理学、脳科学を勉強し、他分野の知見を総動員しながら接客方法を研修しています。マーケティングやセールスのために自分で身に着けたものが、接客やマネジメントの指導場面で活きています。
 またスタッフには、旅行経験をたくさん積んでほしいと考えています。従業員の中には、例えばふぐを食べたことがないという人や、海外へ行ったことがない人もいます。スタッフには、旅行の経験やサービスを受ける側の立場もを経験してもらうことも大切。そこで、「旅行に行きたい」と言うスタッフがいれば、年2回、1回5000円までの補助を付けています。まだ知らないことは、体で感じて来てほしいと思っています。

休日数増加と休暇内容の充実への取り組み

 いま、働き方は日本全国で変わりつつあります。半分は勤めて半分は好きなことをしたい、といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。職場もこれから変わっていかざるを得ないでしょう。労働人口が減少するご時世、働きたいと思われる会社になるためには、待遇面の改善は必須です。確実に給料が上がる仕組みや、年間休日数の増加は欠かせません。
 弊社では今年から、4日間の「連続休暇制度」を取り入れました。サービス業、特に宿泊業においては、年間休日の面では製造分野等にはどうしても見劣りがするのが現状です。ですが、弊社では2020年には年間休日数105日(週休2日)を実現したいと、すでに数年前から少しずつ休日数の増加に取り組み続けてきています。
 若い方は連休を求めますので、その要望にも応えたい。有給を使って1週間休暇を取り、海外に出かけるスタッフも増えてきています。以前ならできなかったことが今はできる状況に、着実に結果になってきています。

目標は、旅館の地位向上

 「旅館業の地位向上」を、お花見 久兵衛の使命としています。スタッフが「旅館に勤めている」と言うと、地域住民から「大変だね」とか「大丈夫か?」と心配されることが今でも多々あるようです。地元ではいまだ、“旅館の仕事は大変だ”という昔のイメージが根強いようです。この現状を打破したい。旅館への就職が決まると、「それは素晴らしい!」と称賛されるようなポジションへ上げていきたいと、ずっと考えています。
 社会的地位を上げるには、お客様からの評価、つまり外部からの評価だけでなく、そこで働くスタッフからの評価、内部からの評価も高めなくてはいけないのだと思います。
 人が成長する職場づくりと休暇の充実に取り組んでいますが、まだまだ道半ば。今後も社員の声に耳を傾けながら、職場改革に着実に取り組んでいきます。

<事業所データ>

有限会社 吉花 (お花見 久兵衛)

代表者:代表取締役 吉本 龍平
所在地:〒922-0127 石川県加賀市山中温泉下谷町ニ138-1
連絡先:TEL.0761-78-1301
事業内容:温泉旅館業
URL : https://www.ohanami-kyubei.jp/
採用情報URL: https://www.ohanami-kyubei.jp/company/

まずは、定住促進協議会までお問い合わせください。
※仕事体験を希望される方も、お気軽にお問合せください。

▲ ページの先頭へ

(C) 2016 加賀市定住促進協議会