移住者インタビュー 加賀市定住促進協議会

TOP > 仕事 > 求人ピックアップ

株式会社シモアラ

募集人材:建築営業、設計担当(設計士・建築士)、施工管理

製材業ならでは、木の良さを感じる住宅を建築。

代表取締役 下荒 隆晴さん
株式会社シモアラは歴史ある材木屋です。現在は約70名のスタッフが働いています。経験が浅くとも、やる気がある方は大歓迎です。自然あふれる加賀市で、木の暖かさを一緒に伝えていきませんか?
(インタビュー/2016年8月5日)

シモアラとは

製材業として、1950年にスタートしました。その傍ら、一般住宅も含めた建築事業にも、先代の頃から携わっています。ただしその時は大きなPRはせず、口コミや大工さんの紹介などに留まっていました。一般住宅施工等の建築事業に関する外部PRを始めたのは、ここ数年です。
木の特性を知りつくしている当社だからこそ、「木の良さを生かした家をお客様に知ってほしい」という思いでPRを始めました。これにより、住宅メーカーとしての顔も徐々に大きくなっていますが、あくまで当社の基本は材木屋です。ですから、他社の住宅メーカーと競って沢山の家をつくりたいという思いではなく、材木屋を基本とするシモアラでしか出来ない仕事をしていきたいと思っています。当社の住宅は木で造っているので、シックハウスなどもありません。
「木とは、よいものなんだな」と伝えるために作っているような感じです。ですから、木の良さをふんだんに生かした家がほしいというお客様には、是非当社を選んでいただきたいですね。

地域に根差した製材業

原木の仕入れは、石川県全域、および福井県・岐阜県から行っております。商社を通じて外国産を扱うこともありますが、製材業として、原則は地域産材を仕入れるようにしています。材木というと、もっぱら住宅に使われるイメージをお持ちかもしれませんが、弊社では工場で使うパレットや、工業メーカーの梱包材も販売しており、幅広い企業へ卸しています。

求める人材

従業員の年齢層が少しずつ上がってきたので、新しい人を入れて新陳代謝をしていきたいと思っています。こういう時代なので、移り変わりも早く、時代遅れの会社にならないように気を付けています。
加賀市で働きたいという思いがあれば、当社は地域に根差した会社なので、お互いにいい仕事ができると思います。当社は中途採用の人が圧倒的に多い状況です。建築を少しかじっているだけでも、やる気があって頑張ってくれているスタッフもいます。
どんな仕事もそうだと思いますが、やる気がなければどんな成果も残すことができません。むしろスキルはなくとも、やる気さえあれば、食らいついて頑張っていけると思います。当社では、肩書きよりも、本人のやる気や考え方を見て採用しています。

仕事のやりがい

お客様に自分の作った製品や住宅で喜んでもらえると、「いい仕事をしたな」と思えます。それが仕事のモチベーションに繋がっています。当社でしか出来ない仕事を通じ、お客様がニコニコしている姿を見て、仕事の充実感を喜びに変えてもらいたいです。

フリーペーパー・kitto

フリーペーパーを、年1回のペースをめやすに発行しています。始まりは、「シモアラ」のブランド価値をあげたいという思いからです。しかし、よくある宣伝や広告を出したのでは、他社との差別化が出来ないと思い、少し違う切り口からアプローチすることにして、地域の情報を紹介することにしました。
なるべく当社が作ったと思わせないような作りにしています。手に取った読者の方が発行元を調べた時に、「シモアラが作ってたんだ!」と、良い意味で驚いていただければいいなと思っています。

事業データ

企業名:株式会社シモアラ
代表者:代表取締役 下荒 隆晴
所在地:石川県加賀市柏野イ-51
Web:http://shimoara.co.jp
まずは、定住促進協議会までお問い合わせください。
※仕事体験を希望される方も、お気軽にお問合せください。

▲ ページの先頭へ

(C) 2016 加賀市定住促進協議会