七日市の家、復活記念イベント
空き家は資源。DIYとリフォームで自分好みの住まい造りに向けた、暮らしの相談会。

 

住まいのストーリー

長閑な田園風景が広がる加賀平野/七日市町。この町に、田んぼの風が吹き抜ける木造2階建ての一軒家があります。その家は、明治時代の小学校跡地という広い敷地に建てられ、ガーデニングや家庭菜園を楽しめるスペースにも恵まれています。

しかし空き家となって久しく、老朽化という欠点も抱えていました。田舎の暮らしを象徴するかのような、この家を再生させるため、若い移住者たち、地元出身の青年らが中心となり、2019年の夏にDIYとリフォームによる応急処置が施されました。

そして、人が住めるまでに再生した七日市の家。その復活を記念して、見学会を兼ねたイベントを開催します。住まいのDIYやリフォームについて、その悩みの解決に向かえるよう努めます。

 

イベント・ガイダンス

田舎は、都会に比べてリーズナブルな価格で家を取得できます。また石川県加賀市では移住者が、空き家を購入する際に70万円ほど助成する制度を設けています。さらに若年U・Iターン者が市内事業所で正規雇用された際には最大30万円の奨励金が支給される場合もあります。将来、一軒家の購入を視野に入れている移住者は、こうした支援制度を活用し、お得な住まい造りが可能です。

そこで疑問になるのが、お金の問題。仮に改修予算を100万円とした際に、どこまで空き家を綺麗にできるのか?たとえばキッチン戸棚の再塗装、洗面台の取り換えには、いくら必要なのかをリアルな改修費用を目安に、プロに相談できるイベントを開催します。

このイベントでは、DIYとリフォームの合わせ技で修繕した、七日市の家を見学しながら、空き家にまつわる「お金と改修」の疑問にお答えします。

たとえばDIYでどんな改修ができるのか?
プロにお願いすべきリフォームとは?
借りれる一軒家を見つける方法とは?

開催日は2019年の
10月26日(土)
11月30日(土)
12月22日(日)
ふるってご参加ください。

※移住支援制度については適用条件が定められているため、詳細はお問い合わせください。

 

ナビゲーター

移住コーディネーター/地域おこし協力隊
迫 真琴

千葉県から移住し、賃貸一軒家をDIYとリフォームの二刀流で改装。実体験に基づいた空き家の探し方、選ぶポイント、DIYでもできること、など教えてもらいます。

MopoPR株式会社 代表取締役 / デザイナー
師池 拓哉

数々の料理店やBARの改装を手掛けるデザイン企画メーカー。DIYとリフォームを組み合わせ、予算内でオシャレな住まいを造るコツを教えてもらいます。

 

移住者限定サポート
加賀市内を送迎します

※移住体験ハウスでの前泊や翌日以降の滞在も承ります。

 

イベント詳細

開催日(お申込みは1週間前までに)
2019年10月26日(土)
16:00~17:00

2019年11月30日(土)
16:00~17:00

2019年12月22日(日)
10:00~11:00

対象者
・地方移住を検討中の方
・北陸3県にお住まいで、DIYやリフォームに興味のある方
・空き家をお探しの方
※各回先着順4組まで。

参加費
無料

集合場所
七日市の家(駐車場4台分あり)
〒922-0335 石川県加賀市七日市町ヰ63

※JR加賀温泉駅、JR大聖寺駅、小松空港までお越しの方はスタッフがお迎えにあがります。

 

お申込みまでの流れ

STEP1
お問い合わせフォームより「○月○日イベントのご参加」「参加人数」などをお知らせください。

STEP2
スタッフより申込完了メールが届きます。

STEP3
当日、現地までお越しください。